Living in Daejeon

乳幼児の予防接種

子どもの健康は、予防接種をすることで守られる。体の中にある病原菌と向き合って戦うことのできる免疫力(抗体)を育ててくれるのがワクチンである。政府は、次のような予防接種を国家必須接種として奨励している。

国家必須予防接種

「国家必須予防接種対象伝染病」は、すべての乳幼児に接種を奨励するものである。BCG、B型肝炎、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、はしか、流行性耳下腺炎、日本脳炎、水痘、高危険群に限り接種を奨励するインフルエンザ、腸チフス、新症候群出血熱などがある。国家必須予防接種は保健所または医療機関でうけられる。

その多の予防接種

国家必須予防接種以外に医療機関で接種可能な予防接種は、BCG、日本脳炎、B型ヘモフィルルスインフルエンザ、脳髄膜炎、A型肝炎、肺炎球菌がある。その他の予防接種は、医療機関でうけられる。専門医者と相談してから必要な場合接種をうける。

予防接種

予防接種とは感染性疾病を予防するために感染性疾患予防注射剤を赤ちゃんに投与することを言う。

予防接種前の注意事項

  • 接種は午前中にする。これは万一接種後に問題が起きても、また病院に行きやすいためである。
  • 必ず育児手帳をもって行く。どういう予防接種をしたのか記録するためである。
  • 熱があるか、ないかを確認する。
  • 接種の前にお風呂に入れさせてから、きれいな服に着替えさせる。
  • 赤ちゃんの健康状態を一番知っている親が自ら連れて行く。

予防接種後の注意事項

  • 接種した所を5分以上もんであげて接種薬がよくなじむようにする。
  • 接種をうけた日はお風呂に入らない。
  • 接種部位をきれいにする。
  • 接種後3時間ほど、赤ちゃんの状態をよく見る。
  • 接種後、熱やけいれんを起こした場合、直ちに医師の診察を受ける。

予防接種の種類や時期

標準予防日程を逃した場合は次の予防日程を保健所や病院に問い合わせしたほうがいい。

対象伝染病 ワクチン種類 0ヶ月 1ヶ月 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 15ヶ月 18ヶ月 24ヶ月 36ヶ月 満4歳 満6歳 満11歳 満12歳
国家必須予防接種 結核 ① BCG 1回
B型肝炎 ② HepB 1次 2次 3次
ジフテリア破傷風百日咳 DTaP 1次 2次 3次 追加4次 追加5次
Td / Tdap 追加6次
ポリオ ⑤ IPV 1次 2次 3次 追加4次
はしか/ ⑥流行性耳下腺炎/風疹 MMR 1次 2次
水痘 Var 1回
日本脳炎 ⑦ JEV 1~3次 追加4次 追加5次
インフルエンザ Flu ⑧ 毎年接種
Flu ⑨ 毎年接種
腸チフス ⑩ 注射用 高危険群のみ接種
その他の予防接種 結核 ① BCG 1回
b형헤모필루스인플루엔자뇌수막염 ⑪ PRP-T / HbOC 1次 2次 3次 追加4次
PRP-OMP 1次 2次 追加3次
• 肺球菌 PCV(淡白結合) ⑫ 1次 2次 3次 追加4次
PPSV(多糖質) ⑬ 高危険群のみ接種
ロタウイルス Rotavirus 1次 2次
Rotavirus 1次 2次 3次
日本脳炎 ⑭ JEV 1~2次 追加3次
A型肝炎 ⑮ HepA 1~2次
人乳頭腫ウイルス 2価 / 4価 1~3次
  • 国家必須予防接種 : 国が奨励する予防接種(国は感染病の予防や管理に関する法律を通じて予防接種対象感染病と予防接種の実施基準や方法を定め、国民と医療関係者にこれを守るようにしている)
  • その他の予防接種 : 国家必須予防接種以外に民間の医療機関で接種可能な予防接種
  • 基礎接種 : 最短時間内に適切な防御免疫を獲得するため実施する接種
  • 追加接種 : 基礎接種の後にうけた防御免疫を長期間に保つために、一定期間の後に再び実行する接種
    • BCG:生後4週以内に接種する。
    • B型肝炎:妊婦がB型肝炎表面抗原(HBsAg) 陽性の場合は、生後12時間以内B型肝炎免疫グロブリン(HBIG)及びB型肝炎ワクチンを同時に接種し、その後のB型肝炎接種日程は、生後0-1-6ヶ月に接種する。
    • DTaP(ジフテリア、破傷風、百日咳): DTaP-IPV(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ) 混合ワクチンで接種可能。
    • Td / Tdap: 만 11~12세에 Td 또는 Tdap으로 추가 접종 권장 満11~12歳にTd又はTdapに追加接種に勧奨する。
    • ポリオ:3次接種は生後6ヶ月に接種するが、18ヶ月まで可能で、DTaP-IPV(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ)混合ワクチンで接種可能。 ※DTaP-IPV(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ)
      • 生後2ー4-6ヶ月、満4~6歳にDTaPを。IPVワクチンの変わりにDTaP-IPVの混合ワクチンで接種できる。この場合、基礎3回は同一製造社のワクチンで接種することを原則にする。生後15~18ヶ月に接種するDTaPワクチンは製造社とは関係なく接種可能。
  • はしか:流行する場合は生後6~11ヶ月にMMRワクチン接種が可能であるが、この場合は生後12ヶ月以後、MMRワクチンをもう一回接種する。
  • 日本脳炎(死ワクチン)生後12~23ヶ月の期間中に7~30日の間隔で2回接種し、2次接種12ヶ月の後、3次接種をする。
  • インフルエンザ(死ワクチン):6ヶ月~59ヶ月小児の場合は、毎年接種実施。この場合、接種一回目は1ヶ月間隔で2回接種し、その後毎年1回接種。(但し、インフルエンザ接種のその年に1回のみ接種した場合は、次の年に1ッヶ月間隔で2回接種)
  • インフルエンザ(生ワクチン):24ヶ月以上から接種可能で、24ヶ月~59ヶ月の小児の中で、インフルエンザ接種の初年には1ッヶ月の間隔で2回接種し、その後は毎年1回接種(但、インフルエンザ接種初年に、1回だけ接種した場合は、翌年に1ヶ月間隔で2回接種する)
  • 腸チフス:腸チフス保菌者と密接に接触したり、腸チフスが流行っている地域に旅行する場合など危険要因や環境などを考え、制限的に接種することを勧奨する。
  • b型ヘモフィルスインフルエンザ:生後2ヶ月から5歳未満の全ての小児を対象に接種する。5歳以上の場合、b型ヘモフィルスインフルエンザ菌感染の危険性が高い場合接種する。(鎌状赤血球症、脾臓切除の抗癌治療に伴う免疫低下、白血病、HIV感染、体液免疫欠乏など)
  • 肺球菌(淡白結合);生後2ヶ月~5歳未満のすべての小児を対象に接種。10価蛋白結合ワクチンは2歳まで接種可能で、13価蛋白結合ワクチンとの交差接種は避けた方がいい。
  • 肺球菌(多糖質):2歳以上の肺球菌感染の危険性の高い人が対象。健康状態を医師と相談する必要がある。 ※ 肺球菌感染の高危険群
    • 免疫機能の低い小児:HIV感染症、慢性腎不全と腎症候群、免疫抑制剤や放射線治療を受けている疾患(悪性腫瘍、白血病、リンパ腫、ホキンス病)
    • 機能的または解剖学無脾症の小児:鎌状球貧血、またはヘモグロビン症、無脾症、または脾臓機能の障害
    • 免疫機能は正常であるが、次のような疾患をもっている小児 :慢性心臓疾患、慢性肺疾患、糖尿病、脳脊髄液漏出、人工かぎゅう移植状態
  • 日本脳炎(生ワクチン)生後12~23ヶ月に1次接種し、12ヶ月の後、2次接種をする。
  • A型肝炎:生後12ヶ月以後、1次接種をうけ、6~18ヶ月後追加接種する。(ワクチンにより接種の時期が異なる)
  • 人乳頭腫ウイルス:人乳頭腫ウイルス2価と4価ワクチンは交差接種を避けたほうがいい。

保健所の予防接種

乳幼児健康診断、乳幼児発達検査、歯の管理、視力管理、未熟児や先天性奇形児の医療費支援事業、新生児ケア事業、不妊夫婦支援事業等のプログラムがあるが、これらは保健所によって内容が異なるので、前もって保健所に問い合わせする。

保健所 住所 電話番号
東区保健所 東区東区役所路147(加午洞) 251-6148
中区保健所 中区山城路178(文化洞) 580-2718
西区保健所 西区保健所路10(万年洞) 611-5362
儒城区保健所 儒城区市場2路47(場垈洞) 611-5011
大徳区保健所 大徳区マンゴ5路10(石峰洞) 608-5411
Tip
予防接種に対する詳しい事項は 「予防接種ガイド」 ホームページ http://nip.cdc.go.kr 参照