Living in Daejeon

国民健康保険

大韓民国は所得に応じて毎月一定金額の保険料を納付する健康保険制度を実施している。国民健康保険に加入すると、病気や出産の際、安い費用で医療機関の利用ができる。また、定期的に健康診断が受けられる。

保険加入の対象者

  • 国民健康保険には、職場保険と地域保険の2種類がある。

    外国人登録をした者で、職場加入者の適用事業場に勤務する者は、職場加入者になる。外国人登録をした者で、職場加入者の対象となっていない人は、本人の申請によって地域加入者となる。この場合は、国内に3ヶ月以上居住した外国人に限って申請ができる。但し、国内に3ヶ月以上居住していない在外国民、または外国人と言っても留学·就業の目的で3ヶ月以上居住することが明らかな者は健康保険に加入できる。

  • 地域加入者の滞在資格

    文化芸術(D-1)、留学(D-2)、産業研修(D-3)、一般研修(D-4)、取材(D-5)、宗教(D-6)、駐在(D-7)、企業投資(D-8)、貿易経営(D-9)、教授(E-1)、会話指導(E-2)、研究(E-3)、技術指導(E-4)、専門職業(E-5)、芸術興行(E-6)、特定活動(E-7)、研修就業(E-8)、訪問就業(H-2)、非専門就業(E-9)、内航船員(E-10)、訪問同居(F-1)、居住(F-2)、同伴(F-3)、在外同胞(F-4)、永住(F-5)

資格取得と申請

  • 資格取得の期間
    • 外国人登録以後
    • 外国国籍保有の同胞は国内居住申告登録または外国人登録以後
  • 申し込み手続き
    • 申請書類を揃え、国民健康保険公団の大田地域本部で申し込む。
    • 申請書類 : 外国人登録証又は国内居住申告証(出入国管理事務所で発行)、所得確認書(職場で発行)など
    • 国民健康保険お客様センター電話 : 1577-1000, 英語による相談電話 : (02) 390-2000

保険料の基準

  • 所得の把握ができる外国人労働者は、職場加入者の保険料率を適用する。
  • 所得のない場合や把握が難しい外国人は、地域加入者世帯の平均保険料を適用する。
  • 訪問同居及び居住外国人は所得と財産を基準に国民と同じ保険料を適用する。
  • 外国人、在外国民の保険料軽減
    • 留学(D-2, C-9) : 50%
    • 宗教(D-6) : 30%
    • 国内永住の外国人 : 10~30%
Tip
健康保険に関する詳しい情報は、国民健康保険ホームページ http://www.nhic.or.kr 参照。(英語サイト)