Living in Daejeon

私が暮らしている大田

  • 大田紹介
  • 韓国の文化

韓国の文化·慣習

家庭生活 

韓国の昔の家庭では、子どもの数が多く、一つ屋根の下で3世代または4世代が一緒に暮らしていました。それは、乳児の死亡率が高く、多くの子どもを持つことがめでたいことだと考えられていたためです。しかし、急速な産業化と都市化により、1960年代や1970年代には出産率が急激に低下し、1980年代には一家族あたりの子どもの数が2人以下まで減少しました。
祖先や父母を敬う儒教的な伝統により、家庭では父親が主導権を持っています。子どもたちは親に服従し、孝道のため尽くします。また、長男を重視する伝統のため、韓国では男児を重視する傾向にあります。 現在では、国家の発展に伴い、結婚した若い夫婦が親から独立し暮らす、核家族時代になりました。

姓名

日本同様、姓が前、名前が後に来ます。300余りの姓があるうち、多いのは金(キム)、李(イ)、朴(パク)、趙(チョ)、姜(カン)、崔(チェ)、鄭(チョン)、尹(ユン)、張(チャン)、林(イム)、韓(ハン)、呉(オ)、申(シン)などで、女性は結婚後も姓が変わりません。子どもは父親の苗字になります。
☞ More info

結婚

韓国人は結婚を人生の重大な出来事と考えており、離婚は自分だけではなく、家族にとっても恥と考える傾向にあります。それにも関わらず、近年、離婚率は継続して増加しています。
現在の結婚式は、昔の方式とは大きく変わっています。まず、結婚式場や教会などで、新婦は白いドレス、新郎はタキシードを着て、西洋式に挙式を行います。西洋式の結婚式が終わると、別室で新郎・新婦が伝統衣装を身にまとい、伝統的な方法により儀式を執り行います。
☞ More info

祭礼(祖先に対する祭祀)

韓国人の伝統的な思想によれば、先祖が亡くなった時、彼らの精神は即座に失われるのではなく、4代子孫にまたがり留まっていると信じられています。この期間、亡くなった先祖は依然として家族の一員として見なされおり、先祖がなくなった日と正月、秋夕に祭祀を行います。韓国人は亡くなった先祖が自分たちにもたらしてくれた恩恵のため、幸せに暮らすことができるのだと考えます。

礼節

韓国人は礼節を重んじており、挨拶をするときに尊敬を示すため、腰をかがめ挨拶をします。物や食べ物を渡すときには、両手を使います。
人を呼ぶときには、手を下に向け、上下に振り呼びます。手を上に向けたり、一本指で呼んだりすることはありません。

オンドル

伝統的な韓国の部屋は、いくつかの機能があります。部屋ごとに特定の用途を決めるのではなく、必要なときにテーブルと布団などを持ってきて置き、食堂、寝室などとして使います。大部分の韓国人は、オンドル部屋の床に座って生活したり、厚い布団を敷いて寝ます。伝統的な家庭の床の下には、石とコンクリートでできた煙道がつながっています。熱い空気がこの煙道を通過して、室内に熱を伝えます。粘土とセメントで石を覆い、有毒なガスが漏れるのを防ぎます。こうしたシステムを「オンドル」と呼んでいますが、現代ではリノリウムのパイプを敷き、熱い水を通す方式で使われています。

韓国料理

韓国料理では、いくつかの料理と総菜が並べられています。韓国はもともと農業国家であり、主食として米を栽培してきました。今日では野菜とともに多様な肉類、魚類なども、韓国料理に使われるようになりました。多様な発酵食品と保存食品が使われており、特にキムチとテンジャン、塩辛が、特有の味と栄養で有名です。韓国人の食膳で特別目をひくものは、すべての料理が一度に並べられていることです。伝統的に惣菜の数は、貧しい家庭の場合は3種類程度で、裕福な家庭の場合は12種類にも及びます。
隣の日本や中国と違い、韓国ではスプーンを主に使い、特にスープを飲むときには必ずスプーンを使います。
☞ More info

キムチの漬け込み

韓国の冬の非常食であるキムチの漬け込みは、長い世代にまたがって続いてきました。冬の間、野菜を栽培することができないため、初冬にキムチの漬け込みをしてきました。韓国人は、夕食には必ずキムチがなければならないと考えています。

韓国の伝統衣装(韓服)

韓服は、千年も続く、韓国人の固有な伝統衣装です。韓国人の美しさは、韓服を着た韓国女性の姿から見出すことができます。百年ほど前に洋服が伝わってくるまで、韓服は日常的な衣装でした。男性はチョゴリとパジを着て、女性はチョゴリとチマを着ました。今日、韓服は、結婚式や秋夕のときなどに着ます。
☞ More info

伝統家屋

韓国の伝統家屋は、韓屋と呼ばれます。韓屋は、人間と自然が共存する生活空間としてつくられています。したがって、伝統家屋は家屋構造の設計から建築に用いられる材料に至るまで、自然に配慮した造りになっています。また、他の韓屋の特質は、夏と冬の冷暖房システムです。韓国は、冬は寒く夏は暑いため、オンドル(床を利用した暖房システム)とテチョン(涼しい木の床を用いた居室)が、寒い冬と暑い夏を耐え抜くために考案されました。
こうした原始的な冷暖房システムは非常に効果的で、今日でもよく利用されています。
☞ More info

☞ More info